2022年11月16日

FLEET WEEK2022 (2022.11.12)


2022年11月12日、遂にフリートウィーク最終週になってしまいました。
前回(11月3日)は横須賀・横浜でしたが、今日は東京国際クルーズターミナルへ赴きます。


20221113-54.jpg
会場へは、開場少し後ぐらいに到着し、まず上記の乗艦券を貰うまで1時時間ぐらい並んだかと思います。
この券を持って「もがみ」の列に並ぶか「くまの」の列に並ぶかの選択を迫られます。
見学後に並び直して券を再び貰う事はOKでしたよ。


20221113-55.jpg
私が選んだのは「くまの」でした。


20221113-56.jpg
「くまの」のぬいぐるみ?
くまの製造地でもある岡山のデニム生地で出てきています。ステルスを考慮した船体に相応しく、錨の収納も再現しています。


20221113-57.jpg
乗艦にするにあたっての撮影禁止区域の説明です。
荷物検査まで約1時間、くまのの待機列で約1時間強。合わせて二時間強の待ち時間を経て「くまの」に乗艦です。


20221113-58.jpg
くまのはちょっと早めのクリスマス装飾が施されていましたよ。


20221113-85.jpg


20221113-84.jpg
主砲の先にもトナカイの角がありました。
撮影禁止部分にも勿論クリスマス装飾がありましたが、撮影禁止なのが残念ですね。仕方のない事なんでけど。


20221113-59.jpg
VLS予定地。何に使うか色々検討中とは言ってはいましたが…


20221113-60.jpg
格納庫は広々とってある感じです。上部にSeaRAMがありますが「もがみ」には顔が書かれているそうです。


20221113-61.jpg
イベント用のくまのの帽子でしょうか。横にFFM2と刺繍されています。


20221113-62.jpg
後ろのサンタは「2年くま組 スージーくん」
うまい事ソリに仕立てていますね。


20221113-63.jpg
そんなネタばかりではなく、パネルなどの展示物もきちんとありますよ。


20221113-83.jpg


20221113-64.jpg
そして「くまの」に乗った理由。「もがみ」を正面から撮れるからです。
砲口カバーが見えますね。


20221113-65.jpg
もがみには乗れませんが岸壁からは撮影は出来ます。


20221113-66.jpg


20221113-67.jpg
「もがみ」は「くまの」と違って横から乗艦します。これは「くまの」とふ頭の位置が横から乗り込むのに適していないからそうです。


20221113-68.jpg
ツーショット。


20221113-69.jpg
ここからはターミナルから撮影です。もがみの撮影にはばっちりですね。


20221113-70.jpg
SeaRAMに顔が貼られています。「もがみ」では甲板上にウェットスーツが有ったのが見えました。


20221113-71.jpg
自衛艦旗とウェットスーツ。もがみには他の潜水用具なども展示されていたのかもしれませんね。


20221113-72.jpg
最後に「くまの」を写して帰ります。


20221113-73.jpg
と、その前に記念スタンプを。くまののマークは「クマノ」をそのまま取り入れていて良いですね。


20221113-74.jpg
スタンプを押す横にあった立て看板。右下をよく見るとINTERNATIONAL FLEET REVIEW 2022と書いてあって、今回の為に用意したものだと分かりました。


20221113-75.jpg
最後にゆりかもめの東京国際クルーズターミナル駅からの「くまの」です。
一般公開あっても暫くは混むでしょうから、どうせ待つなら今見ても同じと思って来てみました。
木更津での一般公開では空いていたようですが11月3日でしたので、横浜・横須賀を捨てきれませんでしたが、後悔はありません。

12月にも横須賀で一般公開があるようですが、どうなるか現時点では不明です。
興味をそそられるようでしたら、ノコノコ出かけてみようかと思っています。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ


posted by 紫電改(JM1QHI) at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ミリタリー・官公庁関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック