2021年02月26日

踊り子111号の送り込みとちょっとした春を撮りに行く (2021.2.20)


2021年2月20日、踊り子111号の送り込み回送が東大宮操から出庫するのと、ちょっとした春を求めて撮りに行きました。

踊り子111号は我孫子発の伊豆急下田行の185系が充当されますが、これの送り込みを撮ろうという魂胆なのです。


20210220_01.jpg
253系 特急「日光1号」(1091M)


まだ回送には時間があるので通り過ぎる車両などを撮っていきますが、東大宮操の出口に白い車体が見えます。
あれは…?

20210220_02.jpg

20210220_03.jpg
651系 特急「草津1号」の送り込み(列番不明)

時間からして草津の送り込みですね。以前側面が酷いのを見てから651系は側面をよく見るようになってしまいましたよ…


そして遠くで185系が東大宮操から出てきたのが見えました。
その後定刻まで待機しているのですが、下り回送列車が丁度のタイミングでゆっくり通り過ぎる様は恐怖でしかありません。ヒヤヒヤものでしたよ。


20210220_04.jpg
185系 回9530M 特急「草津111号」送り込み

グリーン車の位置が良く分かりますね。
おや、後ろに651系がまた待機していますね。

20210220_05.jpg

20210220_06.jpg
185系 回9530M 特急「草津111号」送り込み

当然HMは回送ですがこれも185系のワンシーン。ゆっくりと大宮へ進みます。
ゆっくりなものですか踏切待ちしているとずーっとまっているハメになるんですよねあせあせ(飛び散る汗)


20210220_07.jpg

20210220_08.jpg
651系 特急「草津81号」送り込み 列番不明

当初これがなにか不明でしたが、時刻表をみたら納得。
臨時の草津81号の送り込み回送でした。
このあとはむさしの号・しもうさ号があるのですが、それはパスしていったん帰宅します。


午後になって少しばかりの春を求めてお出かけしますが、予想に反してお目当ての光景に出会えません。
自然が相手なので仕方ないのですが、これは困ったなと思い周辺を観察するとなんとか意図に叶うポイントを見つけました。
時間も無いので入念な構図とまでいかないかもですが、しっかり撮りたいものを写そうと思います。


20210220_09.jpg
4093レ

季節が変わりつつある瞬間を撮ってみました。
少し遠くの幹に梅の花が入る位置にしてみるなど、細かい所をやってみましたがいかがでしょうか。
まぁ梅の花が少し寂しいですが、ならばより良くするためにどうするかを考えてみたつもりではありますが、はてさて。

さて、次もありますのでちょっと場所移動します。


20210220_10.jpg
EH500-3 3054レ

遅れてやってきた3054レ。約1時間半の遅れです。
EH500はこの色がいいですね。台数が少ないので仕方ないのですけど。


20210220_11.jpg
EF210-328 8571レ

期せずして撮れた初の押し桃です。
今更かいって突っ込みが聞こえそうですが、いつか撮れればいいやー的な考えなものであせあせ(飛び散る汗)

そういえばですがメインの三脚はオーバーホールに出していますが、今回はその三脚が来るまでメインだった三脚を使用しています。
金属製の三脚なのですがカーボンと違って雪に刺しても安心(?)なのであると便利ですよ。

今日はここまでとします。
撮影地でご一緒された方々、お疲れさまでした。

それでは、また。


にほんブログ村 鉄道ブログへ


タグ:東北本線
posted by 紫電改(JM1QHI) at 22:10| Comment(0) | 鉄道関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]