2020年09月02日

IC-705のノイズ・回避方法など


状況に変化があったので再編集してお送りします。
今のところ分散しないで1つにまとめます。これはIC-705のLCDからのノイズの件です。


長いのでポイント纏めると…

  • 車+モービルホイップで運用中、50MHzで十数KHz間隔でS3程度のノイズが出てる。困った。ICOMに相談。
  • ICOM調査後これは仕様で回路構成上不可避、修繕できない。2台の社有機も同様に液晶からノイズ確認。
  • LC-192+HFJ-350Mというアイコム標準使用環境で上記を確認との事。
  • これ以上どうする事も出来ないので返却してもらう。
  • 対策はアンテナをもっと離す、アースをとる。
  • 固定ならともかく移動でそれらの実現は容易いのかな?
  • 出ている人かなり少数みたいだから結局個体差なのかな?
  • アプリ使ってみようかな。

といった感じです。お時間ある方は続きをどうぞ。
※ノイズ出た出ない論争をするつもりはありません。あくまで私の個体についてのみです。

・序章
まずは時系列からお話しします。

7月の中頃、車に設置したノンラジモービルホイップで50MHzをIC-705で運用した際に、無視はできないかなという十数KHzおきにS3程度のノイズがある事に気が付き困って8月中旬にICOMサポートに点検出したとTwitterで報告をしていました。(6月の移動運用ではDCコンバーターのせいと思いこみ、その7月中ごろの移動運用で標準添付バッテリーのみで駆動しても同様のノイズだった事がスタートでした)


20200909-98.jpg
このことが発覚した7月中頃の移動運用の様子。これは6mの1/2λモービルホイップをマグネットベースに介して車に設置し運用している良くある状況で、車内にリグを設置した運用形態でLCDノイズを認識しました。


・ノイズ
そのノイズは下に動画で紹介しますが、IC-705の機能であるモニター消灯をするとノイズは消えます。

※こっちで動画表示できるようになったのでYouTubeは消しました。
※ノイズ出た出ない論争をするつもりはありません。あくまで私の個体についてのみです。

ノイズの確認方法ですが、この場合6m用のアンテナ(私はノンラジモビホ)がベストなのは言うまでもないですが、いつも行う移動運用形態どおりにセットして6mを受信するだけです。2mのモビホでも代用できますが正規のアンテナじゃないのでノイズも弱くなります。
IC-705直付けじゃなくてもOKですが、アンテナとあまりにも離れるとノイズは観測できなくなります。
ちなみにスペアナON状態が一番ノイズが大きかった記憶があります。使いたいですもの折角のスペアナ。
尚、固定局ですとIC-705とアンテナが結構離れていると思いますのでノイズが出る個体だとしても確認は難しいかもしれません。自宅ではそうでした。移動運用だと距離をあまり自由に取れない事も多いのでノイズ発見につながった訳です。


そしてノイズの動画をICOMに送って問い合わせましたらICOM保有機では見られなかったとの事なので点検として私のIC-705を送り見てもらったところ現象が確認されました。(後日、ICOM所有機でもノイズを確認したとの事)
そしてICOMからのお返事で丁寧に3ページの解説と動画を送っていただけました。
修理伝票等を丸写しで掲示するのはアレですのでピックアップしたいと思います。長いですしね。


  • 私のとサポセンのとその他のIC-705のLCDノイズの比較を同一条件(屋内屋外)で行った結果、いずれのIC-705でも同様のノイズを観測
  • アンテナ(HFJ-350M)と本体の距離はLC-192を使った設営で上記を観測(アイコムの標準的使用環境の意味)
  • 液晶表示生成する発振周波数の関係で50MHz帯付近でのスプリアスが発生して
    いる模様(シールド不可)
  • この確認でこのノイズを消す修繕を行う事ができない事が判明(仕様・基準内)


Twitterで一緒のノイズに悩まされてICOMに相談さてれいる方とも連絡しましたが、仕様内につきそのまま返却される見込みとの事で私と同じです。仕様・基準値内であるならもうどうすることも出来ないので受け入れざるを得ないわけですしね。

何度も言うようですが、リグとアンテナを離せばノイズも当然減衰します。が、私のように車にモービルホイップやLC-192で運用も当然ありうるシチュエーションだと思いますし、せめてこの距離感ではノイズの影響受けるのは…とは思います。
CQ出すならノイズの最も影響の少ない所でなら許容はできますが、混みあっている状況…50MHzの華であるEsシーズンや応答側になると選べる箇所もノイズ幅の事もあり運用に支障がない周波数は実際減ります。
どうせLCDノイズが出るならアマチュアバンドと関係ない所に出してほしいと思わずにはいられませんがあせあせ(飛び散る汗)


20200909-97.png
スクショ機能を使うとノイズが弱くなるのでスマホで撮った方が良いです。
でもよく見ると等間隔にノイズが出ています。


当初からそう思ってはいましたがノイズは出ていない個体の方が多数のようで、この事を知っている方はTwitterでは私含め3名(認識していない?)でしたが、後に出たよと報告を頂いた方も数名いらっしゃいました。それらの方から聞いた話ではノイズ範囲はHFハイバンド-50MHzがよく出やすいみたいです。中には2mでも出たという方もいらっしゃいましたが、私自身は50MHzでしか確認できておりません。


LC-192を買ったのもサポセンの方が検証した方法(LC192+HFJ-350M)みたいに移動運用したかったからなんですが、考えを変えないといけませんね。
何度も言うようですが先にも言ったようにこれが仕様で基準値内であり修繕不可であるので、それを受け入れざるを得ません。



・対策を考える

そしてアイコムから戻って来たのでIC-703との比較とアンテナの違いについて再テストしてみました。


最後の意地悪テストはあんまり真に受けないでくださいあせあせ(飛び散る汗)
LC-192+HFJ-350Mは前回の動画やアイコムからの検証動画でも同様にLCDノイズが出ているのは確認済みです。
動画ではマグネットベースで仮固定していますのでアンテナの設置場所は変化していません。
モービルホイップだけでなく他のアンテナも試しましたが、アンテナの違いというより物理的に離れるので影響は格段に少なくなっています。モービルホイップ時にアースするとノイズのSは1〜2程度下がりはしますが根本的解決とも違う気がします。


そして移動運用においてLCDノイズ強弱はアンテナとリグ配置の影響も受けている気がし、どうも微妙な設置具合の差異でノイズの強弱がでるようで、再テストでリグの取り換えで位置が変わることによりノイズの強弱があったのも気にはなると事です。(ノイズが皆無になる事はありません)
その法則性まで把握出来ずじまいでしたが、リグの位置・特にケーブルの引き回し(位置)が関係し、これが結構シビアでちょっとどこかの位置を変えたらノイズ強になったりするのですが、乱雑にとぐろ巻かせたりしてもお互いが極端に接近しないように丁寧してもノイズが強だったりと、意図的に良い場合と悪い場合の再現性がどうも低そうなので検証はちょっと厄介です。
ちなみに変換コネクターと変換ケーブルとでは有益な差異は得られませんでした。


20200921-2.jpg
IC-705のノイズ対策をしようというなら、アンテナをもっと離す、アースを取るといった方法を教示頂きましたが、LC-192含め移動運用でそれらが自由に実行できるかはさてさてどうかなという思いはあります。
50MHzはノイズが確認されている環境、つまりモービルホイップ等での運用をやめるという方法をとる他ないのかなという感じです。
後日運用して何となくわかってきましたが、同軸ケーブルを地面に触れさせないで運用するとノイズをよく拾う傾向にあるようで、逆に同軸ケーブルを地面に這わせますとノイズは軽減される傾向にありました。それでもノイズが無くなることなありませんが。アースの効果なのでしょうか。
これは同軸ケーブルを余らせている状況とカツカツな長さで空中をブラブラしている状況と比べるとそのような差が出ているように見えるからです。これも追試を重ねたいと思います。
参考までに。


20201001-01.jpg
対策第二弾としてアプリの705Remoteを使う方法です。
前段階としてモニター消灯時でも周波数を動かしたりSメーターを確認できましたので、これも有用な対策候補です。
モニター消灯を行えばノイズは消えるのは確認していますが、実地で確信しましたが有効です。
この様なアプリを開発して頂いているなんて感謝しかありません。


今後の事は実機が戻ってきてから考えたいですねと以前は書いていましたが、私のIC-705での想定移動運用(50MHz)は大きく3パターンあります。
「踏みたて君でDPや八木系ループ系のアンテナで運用する」、「天候が良くない時などに車にモービルホイップで運用する」、「ちょっと山に登ってLC-192ないし三脚などで小型アンテナを設置し運用する」パターンでしたが、後者2点が上記理由で安定して運用出来なさそうなのでその際はIC-703を使用するか、先の様に50MHzの運用を制限するといった方法をとろうかと思います。


20200921-3.jpg
ですのでIC-705を手にされる方は、個体・運用形態(?)によってはこういう事もあるかもと思って対策を考えていただければ、いざという時違うのではないでしょうか。

私の個体はノイズの件はありますが、IC-705は基本的に良いリグと思っています。でなければハムフェア直後に予約してませんって。

もし症状があって困っている方はひとまずサポートに問い合わせて点検や対処法を尋ねてみてはいかがでしょうか。私のとは違う物かもしれませんし、コメントにも頂きましたが何もしないより良いはずですよ。

今回の件はこれで一応の決着としたいと思います。



※この記事は引き続き修正追加等がある可能性があります。
※ノイズ出た出ない論争をするつもりはありません。あくまで私の個体についてのみです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ



posted by 紫電改(JM1QHI) at 21:25| Comment(7) | アマチュア無線関連
この記事へのコメント
一昨日ワタシの元にもIC-705が届きまして、このポストが気になりワタシの705でも確認してみました。結果は...

基台アンテナ共にダイヤモンドでマグネットベースK702M+SG9700で試してみたところ、盛大にノイズが乗ります...
LCDをOFFにするとノイズが消えますので恐らく間違いないでしょう。

さて、どうしたものか。
Posted by JP1OIV at 2020年09月05日 12:22
はじめまして。
販売店に相談してみるか、ICOMに点検に出すかでしょうか。
点検に出しても「仕様」でそのまま返却になるかもしれませんが別の原因もあるかもですので念のためICOMに確認した方が良いのかなと思います。

移動先で手すりにアースしてかなり軽減したというお話も頂きましたが、常に適切なアースがとれるのかという問題もありますので、色々違う方法も模索していますがストレスフリーとはならなさそうな印象です。
※加筆や一部扱いと間違いがあったので編集しました
Posted by 紫電改@JM1QHI at 2020年09月06日 01:59
どうもありがとうございます。とても参考になりました。
カウンターポイズを繋ぐとある程度は軽減するのですが、それでも依然として乗り続けるノイズには若干落胆しております。とりあえず販売店に相談する事にいたしました。

実は当方、従免を取得し40年にして初めてこの手のHFに出る事ができるオールモード機を購入しまして、いろいろ期待が大きすぎたという事もあるかもしれませんがそれでも「メーカー仕様範囲」と云うところに釈然としないモヤモヤを感じる次第です。

ご迷惑でなければ、当方でも何か進展などありましたら報告などさせて頂ければと思っております。
Posted by JP1OIV at 2020年09月17日 12:01
こんにちは。
ICOMから戻って来まして、ノイズのテストしてみた結果を記事に反映させました。


落胆された件、わかります。
私もIC-703+TR-751(いずれも10w機)という構成を1台にして移動運用をより楽にしたかったのですが今回の件もあり、ふりだしに戻って考え直してみようと思っています。
Posted by 紫電改(JM1QHI) at 2020年09月21日 17:59
ポチったIC-705が最近やっと届いた者ですが、最新ファームでも私の環境でも周期的ノイズ出ますね。奈良の山奥で周囲に人工ノイズが少なくてアースを取ればモービルホイップでも背景ノイズはS0の環境のお陰で、28,50,144,430MHz帯全てで出ます。FMモービルで144,430運用ではそれ程問題に成りませんが、Es狙いの時は困ります。
DM-330MV電源みたいにスイッチング周波数を可変にしてくれれば液晶バックライト電源のノイズから逃れられるのに。同じことがモバイル電源やポータブル電源にも言えるのですが。結局10W運用を諦めて内蔵バッテリでQRP5W運用の方がQSO稼げてるって言う…。
Posted by JH3SWR at 2022年07月29日 06:14
忘れてましたが、アンテナを車の屋根の中央に立てた場合、前席より後席で運用した方が明らかにノイズレベルは下がります。運用で回避…ですが踏み立て君のマストを手モテータで回してビームを振るという技が使えなく成ります。
Posted by JH3SWR at 2022年07月29日 06:21
ご購入おめでとうございます。
メーカーの技術の方からノイズが発生する原理を教えてもらいましたが、それがわかってるならおっしゃる通りノイズオフセットとかできれば良かったのですけどね。
アンテナ配置やケーブルの取り回しでも変わったりしますので、ちょっと難儀ですが使用するアンテナを変える離すなど運用でカバーするしかないかなと思います。

そういった問題があるにせよ持ち出したくなる楽しみなリグだと思います。
Posted by 紫電改(JM1QHI) at 2022年08月03日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]