2019年11月12日

D850とZ7のカットモデルを見にニコンプラザ新宿へ


先にZ50の話題を扱いましたが、実はD850とZ7のカットモデルを見るのが真の目的だったんです…


20191109_02.jpg
D一桁機とかならカットモデルとかありそうですけど、自分も使っているカメラがカットモデルとして展示されているというのはそうそう無いんじゃないかなって事で訪れたのでした。


20191109_03.jpg
ニコンもSNSで広めてねって言ってるのでどんどん広めちゃいましょう。


20191109_04.jpg
D850のカットモデルです。AFユニットがああして収められているとか分かりますが確かに場所を取りますね。これならDXフォーマットに採用されたAFユニットをFXに採用(D600など)するのも分かる気がします。
そしてペンタプリズムやミラーの存在がひと際目立ちます。


20191109_05.jpg
一方、Z7のカットモデルです。
こうするとカメラとしての目的は同じである筈なのですが、機構としては別物というのがはっきり分かります。
各パーツの密集度も更に上がっている感じで、これは小型・軽量化になる筈ですね。

ニコンは少なくとも暫くはFマウントとZマウント両方展開するそうですが、D一桁機に相当するZxが登場してからが分かれ目なのかなと思います。
私も少なからず動体を撮りますので単純にAFが強い方を選ぶだけなのですがミラーレスはレフ機とは違ったアプローチなので何もかもが斬新です。
その結論が出るまで何年かは掛かるのでしょうけど、その時が楽しみですね。


タグ:D850
posted by 紫電改(JM1QHI) at 13:20| Comment(0) | カメラ関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]