2019年09月28日

京急大師線に歩道橋が新設


2019年9月28日、無線機のセールの後買ったものを持ち歩きつつ大師線に新設された歩道橋を見に来ました。ちょうど地下区間から地上区間に出る箇所ですので興味があります。踏切があった所に歩道橋を設置するという話は前からあったものなのでそれが実現したという訳です。


20190928_01.jpg
まずは、東門前駅で降ります。この東門前−川崎大師間も地下化計画に入っていますので今後どういった感じで進行するか興味ありますね。


20190928_02.jpg
東門前すぐの踏切から産業道路方向を見たところです。目的の歩道橋が見えますね。


20190928_03.jpg
ですが、すぐ行かずに元東門前第3踏切道に到着です。


20190928_04.jpg
元東門前第3踏切道から東門前駅方向の眺めです。金網があるので望遠でどうにか消しました。こういう光景はいかにも過渡期然としていて面白いですよね。
さて、今度こそ歩道橋(元東門前第2踏切道)へ行きましょう。


20190928_05.jpg
「歩行者用歩道橋完成しました」
立て看板が誇らしげです。


20190928_06.jpg
これが新設された歩道橋です。


20190928_07.jpg
早速登ってさっき居た元東門前第3踏切道方向を眺めます。この眺めいいですね~


20190928_08.jpg
東門前駅を眺めたところです。以前と違って俯瞰になりますので新鮮ですね。


20190928_09.jpg

20190928_10.jpg
更に地下化工事が進めばこういった光景も無くなりますのであとでバタバタする事ないようにしてきたいですね。
このあとは折角ここまで来ましたので川崎大師へ参拝です。正しい京急の使い方でしょうか(笑)


20190928_11.jpg
シーズンでなければ川崎大師も空いています。


20190928_12.jpg
もうそろそろかき氷の時期も終わりでしょうか。暑いというほどではないのですが、機材を運びながら歩くとなると結構汗をかきますでのかき氷が3倍増しで美味しくなります。


20190928_13.jpg
あとは沿線沿いに歩いて大師線を撮りつつ川崎大師駅に向かいます。


20190928_14.jpg
川崎大師駅に到着です。今日はなんだか結構歩いた気がしちゃいます。
大師線はここまでですが、次の目的地に向かいます。それは次回!


にほんブログ村 鉄道ブログへ

タグ:京急
posted by 紫電改(JM1QHI) at 15:00| Comment(0) | 鉄道関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]