2019年09月04日

ハムフェアにてIC-705と専用マルチバッグLC-192に思った事


2019年9月1日のハムフェア、メインのIC-705を見に来ましょうか…
いつも移動運用は出力10wまででやっておりまして、HF-50MHzはIC-703、144はTR-751、430(FM)はFT-7900となっていたので持って行くのが大変大変。
しかしこれが一台で済むのです。期待せずにはいられません…!


20190901_jm1qhi-08.jpg
こ、これがIC-705…!
非常にコンパクト且つ軽量なのにIC-7300の感覚で移動運用が出来るとは凄い事です!


20190901_jm1qhi-09.jpg
しかも1kgとかなり軽量!
5wまでならハンディ機のバッテリーパック装着でいけますのでこれはすごい…

ちなみにL型BNCコネクタは別途用意したものだそうです。
スタッフさんに聞いて判明したことを箇条書きで記しておきます。
どのような状態が条件か不明だが、バッテリーパックで3-4時間駆動。変わる可能性あり。FMだとあまり持たないらしく、具体的な消費電力はまだ定まってはいない。

どの機種の後継機ではなく市場の声から企画された。

奥行をとらないのは車などでの置場所のマッチング(省スペース化)を考えて。

発熱が少ないのか排気スリットのみで空冷ファンはなし。

外部アンテナチューナーはAH-4対応を目指してる。(変換コネクタ対応?)

10w運用時は密閉に近い状態での運用はあまりよろしくない。

まず10万円程度ぐらいになるように企画設計した。

値段と大きさを決めるとどうしてもアンテナチューナーは入りきらないとの事。



20190901_jm1qhi-10.jpg
IC-705専用のバッグまで用意されているのはIC-703を思い出しますね。となれば設計思想としてはIC-703後継機なのかと近くのスタッフさんに尋ねましたが、「どの機種の後継という事ではなく、市場の声から企画しました」との事でした。

まだ仕様として定まってはいなく変更は十分にあるとの事なので、要望を書いてみたいと思います。
バッテリー充電は本体装着で可能にして欲しい。(充電器添付しないで済みそう)

何も触らない時はモニターの照度を落として省電力にして欲しい。

その際はモニターが暗くてもある程度視認しやすいように、Sメーターなどの色を白色などに変更できるようにして欲しい。


20190901_jm1qhi-13.jpg
IC-705のプレゼンが始まりました。これから買おうとしている製品ですから見ないという選択肢はないですよね。
10wのHF-430MHzオールバンド機、移動運用のリグとしては勿論、開局して初めて買うリグとしても、ベテランのサブリグとしても十分こなせる良いリグかと思います。これで144MHzFMを倦厭してた方もSSBに出られたり、50MHzはやってみたかったけどリグが…という方の受け皿になればいいなと思います。

IC-703を使っている身としてはアンテナチューナーが無いことを除けば基本的に上位互換的なリグなので買います。
しかもIC-705は10wだから良いのだと思います。少なくともV/UHFならちょっと小高い所に行けば10wあれば私には十分です。50wを希望する声もあるとの事ですが、必要ないというか出さないと思います。IC-7300/9700のパイを喰ってしまうからと想像します。
それにあんまり安価で便利すぎるリグが存在すると不正改造・違法局といった「輩」が出てきかねないと思いますので、これで(個人的には)良いのです。

アンテナチューナーが必要ならコメットから出ているカップラーを使うという方法もありますから、チューナーの件は意外とどうとでもなるのではないでしょうか。


お次はIC-705×Masacoフォトセッションです。


20190901_jm1qhi-14.jpg

20190901_jm1qhi-15.jpgこのIC-705専用のマルチバッグLC-192には右サイドにペットボトル収納ポケット、左サイドにウェビングががあり三脚が固定しやすいようになっています。

ここでLC-192に要望です。このウェビングは背面(チャックで開けられる方)にも設置して欲しいです。
それもウェビングは軍用でも使われるPALSウェビング(MOLLE)にして欲しいです。
これがあると拡張性が上がります。軽登山で移動運用とするならバッグの中だけに納まると限りませんのでPALSウェビング(MOLLE)があれば、これに対応したポーチを好みで付けられます。
そうすると現状ではのっぺりとしていて特に機能していない背面が、各種MOLLE対応ポーチを必要に応じて装着する事で格段に拡張性は上がります。任意で付けるものですから必要なければポーチはつけないこともできますしね。
あとはこのウェビングにカラビナをつけて何かを引っかける事も出来ますし、大きめのカラビナを四隅に着けてぐるぐる巻きした同軸ケーブルを固定する事で無理に荷室内に収める必要もなくなり有効活用できます。

ちなみにPALSウェビング(MOLLE)って何?って方はこれをご覧ください。


20190901_jm1qhi-11.jpg


20190901_jm1qhi-12.jpg
これはAORさんで展示されていたものです。マネキンが来ているのはPALSウェビング(MOLLE)のベストです。ベストには横向きのベルトが縫い合わされており、等間隔でループ状になっています。

これにAORさんは自社製品のポーチをMOLLE対応している製品を売っていますので、これはマネするべきです。


20190901_jm1qhi-25.jpg
MOLLEはベース側のループとポーチ側のループを高い違いに合わせたところをベルトで串刺しし固定するのだけなので便利なんです。もっと一般市場にも広まらないかなー。勿論ミリタリー界隈ではMOLLEは当たり前です。是非ICOMさんご検討を。


来年春を目標にとアナウンスされていますので本当に楽しみです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
posted by 紫電改(JM1QHI) at 20:35| Comment(0) | アマチュア無線関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]