2019年07月23日

D600の無償修理対応終了と中古のD600のチェックすべき所


2019年7月10日にタイトルのとおり、D600のダスト現象が発生した場合に無償での修理対応終了のお知らせがしれっと発表されていました。

そもそもダスト問題って何?という方向けに簡潔に説明しますと…

  1. D600発売! あれ?写真にゴミが付いていない?という人が多数存在。
  2. いくらブロアーで除去してもまた付いちゃうし、取り切れない!
  3. ユーザー:これおかしくない? ニコン:構造上ダストは発生します。仕様です。
  4. 1年後のニコン:D610発表。 D610ユーザー:ダストでないよ。 D600ユーザー:は??
  5. 中国:2回修理で改善しない場合は新品交換という法律がありまして…
  6. ニコン:全世界で新品交換を含めた無償修理対応をします。D600は当面ローパス清掃無料です。
  7. D600ユーザー:シャッターユニット交換で治まった。
  8. D600ユーザー:シャッターユニット交換で直らないので再修理に出したらD610になった。
で、今回は上の6.の部分の終了アナウンスとなりました。

20190723_4.jpg

今まで保証期間外でもローパス清掃無料・シャッターユニット交換無料・最後の手段でD610に交換と手厚いサポートがあったのが2020年1月11日以降は通常修理になるという意味ですね。

いきなりD610に交換という訳でなく、下のニコンから切り出したもののとおりの手順があります。

20190723_3.gif
ですので、まだ対処していない方は早めに出しておきましょう。
そのアナウンスのURLはここです。


中古のD600を買う際にチェックすべき所

さて今はD600は当然新品では売っていないでしょう。主な入手先は中古となるはずです。
そこで見るべきポイントをいくつか紹介したいと思います。

1.シャッターユニット交換済みかの確認
これは簡単です。

20190723_1.jpg

20190723_2.jpg
ここがマジックで記しされているとシャッターユニット交換済みの証です。
マークが無ければ交換はされてはいないでしょう。(まさか交換していないのに自分で印付けて高値で売ろうとはしないでしょうね…)

2.ダストはここに多く出る
ユニット交換しても初期ダストは出やすいと思いますが、D600は特有のダストの出方をします。
それは左上で、白紙を撮って左上付近をチェックです。だいたいそこに出ることが多いです。

3.ダストチェックは200ショット単位で
D600の問題となるダストはじわじわ継続的に続き、ショット数が進むほど収まる傾向にあります。
ですので200ショット程度空撮りしてダストをチェックしてみましょう。ここでダストが出ていなければ問題は解決されている個体と思われます。※これは経験則です。


だいたいこんな感じでしょうか。
同じD600でも、元から問題が発生しない個体もありますのでそういった認識も必要です。
またダストが出るのは数万ショット使ってから急に出始めるなんてことは無かったはずです。
問題となる個体は新品時或いはシャッターユニット交換から数百ショット以内で発生しています。

ですのであまり怖がらずにD600を手にしてみては?
今なら運悪くダストの出る個体を手にしても無償修理ができますし。(保証書の有無関係無し)
私のD600もシャッターユニット交換(半ば強制に実施されてしまった(^^; )して特に問題は出ませんでした。
私のD600は色んな膿を出し切っているので快調そのものです。

最後にD600を新品で発売直後に買い、色んな問題が発生し対処してきた記録を紹介します。


昔私が作ったHPです。なにかの参考になれば。
あ、最後に。何かあってもそれは自己責任で。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
タグ:D600
posted by 紫電改(JM1QHI) at 21:19| Comment(2) | カメラ関連
この記事へのコメント
D600のシャッターユニットを交換した機体を見ましたが、詳しくは書きませんがマジックペンではなくシールでした。やはり問題だと思ったのでシールに変えたのかもしれませんね。ホコリですが、自分はデジタルバックをメインに使うので、埃は必ずあります。あれはIRかローパスフィルターも外してCCD表面も自分で掃除して使うし画像処理ソフトも必須ですから、さほどこの問題は気にならないですね。
Posted by たまにNIKONを使う at 2022年04月09日 14:51
対処済みの仕方が変わってたのですね。
ホコリは一回での撮影枚数が大したことないので、撮影前にホコリ確認&ブロアーで対処してましたが、絞って使う場合や撮影枚数が多い人はちょっと困っていたようでしたね。
Posted by 紫電改(JM1QHI) at 2022年04月11日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]