2020年07月02日

IC-705を10wで運用中に温度がMAXに


前記事からの続きです。
熱に関してやはりシビアですね。SSBならともかくFMで10wはなかなかに厳しいです。
どれだけやったら保護機能が働くのかなど見たかったのでちょっとIC-705を追い込んでみました。


・熱は無視できない
小さな筐体ですので放熱は気になるところかと思います。
結果から言いますと10wでFM運用は熱との戦いになると思います。ハンディ機の5w運用を思い浮かべていただくとイメージしやすいかと。
SSBでの運用でしたらそこまでシビアでは無かったですが、いずれにせよ慣れるまでは温度計を見ながら運用して温度の上昇具合を確認した方が良いかと思います。

実際、どのように温度が高まるかを時系列順に追って説明したいと思いますので長くなります。

ただし今回の前提条件として…
・車内気温30度以上での運用
・巾着袋のキルト生地を下敷きにしていた
・IC-705を傾かせて設置したので背面の排気スリットを塞ぎがちだった

という具合でしたので少し厳しい状況だったのかなという感じでした。


20200629-01.jpg
ちょっと見にくいですが2mSSBを10wで1時間ほど運用した10分後の温度です。アイドルよりちょっと高いかなぐらいの温度表示です。
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 19:05| Comment(0) | アマチュア無線関連