2020年07月25日

只見線のEast i-Dによる検測を撮りに行く (2020.7.23)


2020年7月23日、只見線にEast i-Dが入るので撮りに行きました。久しぶりの只見線ですね。ですが、その前に2092レがもしかしたら撮れるかもという事で水上ICで降りましたが果たして…?
※最後に動画あり


20200723_01.jpg
※続きを読む>>
posted by 紫電改(JM1QHI) at 14:31| Comment(0) | 鉄道関連

2020年07月21日

IC-705の冷却強化報告


IC-705の実戦投入の際に明らかになった放熱問題。


20200706-01.jpg
これを打破するために背面に4cmのUSBファンを簡易的に取りつけ、2時間に及ぶストレステストではなんとかHOT領域に入らずに済んだまでは前回までの記事のダイジェストですが、実戦ではどうなるか…
この間移動運用してきましたので簡易的ながら報告したいと思います。
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 19:48| Comment(0) | アマチュア無線関連

2020年07月20日

用事の前に八高線の復習 (2020.7.18)


2020年7月18日、先週八高線を撮りましたが、その反省というか復習をしに行きました。ですので特に目新しいのはないですが、ここまで来ちゃったのですからついでに見ていってくださいな。


20200718_10.jpg
朝まで降っていた雨で足場が悪いので注意してセッティングをします。
梅雨の時期は路面でも苔があったりして滑りやすくなってるので尚の事注意した方が良いかと思います。この写真見ると縦構図狙いなのが良く分かりますね。
※続きを読む>>
タグ:八高線
posted by 紫電改(JM1QHI) at 19:35| Comment(0) | 鉄道関連

2020年07月19日

JCG#13007 秩父郡東秩父村移動(50〜430MHz)(2020.7.18)


2020年7月18日、秩父郡東秩父村で移動運用を行いました。天気は午前中は雨、午後は曇りとありますが移動運用は午後からですからあんまり心配無さそうですね。

当初は違う場所で移動運用しようと思っていましたが先客が居ましたので場所を変え、東秩父村の二本木峠で行うことにしました。

今回は以下の内容で移動運用を行いました。
移動運用場所
 JCG#13007
 埼玉県秩父郡東秩父村(最寄りランドマーク:二本木峠)
 標高622m(FTM-400計測)
RIG:IC-705(10w)
ANT:HF6CL(50MHz)、CSB7900(144/430MHz)


20200718_01.jpg
現着時の模様です。霧雨が降ってはいますが、もうじき止みそうな感じが空の明るさから伺えます。
例によってIC-705は背面に冷却ファンを付けてあります。
※続きを読む>>
posted by 紫電改(JM1QHI) at 18:37| Comment(0) | アマチュア無線関連

2020年07月16日

IC-705の時計用バックアップ充電式電池の取り扱いについて


IC-705は時計用のバックアップ充電電池が内蔵されているのですが、これはIC-7300やIC-9700も同じです。
前にIC-7300でバックアップ充電電池をダメにして交換した経緯がありますので、一応念のためICOMのサポートにIC-705のバックアップ用の充電電池の充電時間と保持期間を尋ねてみました。

20200716-01.gif
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 21:38| Comment(0) | アマチュア無線関連

2020年07月14日

EF64原色の鹿島貨物を撮りに行く(2020.7.11)


2020年7月11日、久しぶりに鹿島貨物へ撮影にまいりました。
土曜にEF64の原色が入るので上越線でのsyukuraと天秤にかけた結果成田線にした次第でございます。


20200711-01.jpg
こんに千葉!
※続きを読む>>
タグ:成田線
posted by 紫電改(JM1QHI) at 20:49| Comment(0) | 鉄道関連

2020年07月08日

八高線をふらっと撮りに行く (2020.7.5)


2020年7月5日、八高線をふらっと撮りに行きました。というのも只見線がキハ40系のラストランが間近なので近寄りがたいですし、ならば後継のキハ110系という同系列の車両が走る八高線を撮ろうじゃないかという謎理論のもと出かけるのでありました。


20200705_01.jpg
235D
今日はテレコンも使ってみるというミッションを課しています。というか早速そのミッションは達成です。
※続きを読む>>
タグ:八高線
posted by 紫電改(JM1QHI) at 18:54| Comment(0) | 鉄道関連

2020年07月06日

続・IC-705の放熱対策


IC-705でFMを10wで安定して運用できないかとアレコレ考えてみましたが、仰々しくなくそれでいて一定の効果が見込めそうな方法でストレステストしてみました。


20200706-01.jpg
その方法はUSB給電の4cmファンです。
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 21:42| Comment(0) | アマチュア無線関連

2020年07月03日

IC-705の熱対策とストレステスト


今回はストレステストですが前回の記事が一番のストレステストな気がしますあせあせ(飛び散る汗)


5w運用すれば発熱が抑えられるとかありますが、せっかく10w出せるなら10wで遠慮なく出たいというのが心情なのかなとは思います。少なくとも私はそうです。

今すぐできる対策としては外部電源使用時に限られますが、背中のバッテリーパックを外してダイカストを露出させてより放熱させる方法があります。

20200629-10.jpg
でもこれだけでは意外と冷えませんでした。先の移動運用中に送信制限が掛かったのもこの状態でですしね。
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 10:00| Comment(0) | アマチュア無線関連

2020年07月02日

IC-705を10wで運用中に温度がMAXに


前記事からの続きです。
熱に関してやはりシビアですね。SSBならともかくFMで10wはなかなかに厳しいです。
どれだけやったら保護機能が働くのかなど見たかったのでちょっとIC-705を追い込んでみました。


・熱は無視できない
小さな筐体ですので放熱は気になるところかと思います。
結果から言いますと10wでFM運用は熱との戦いになると思います。ハンディ機の5w運用を思い浮かべていただくとイメージしやすいかと。
SSBでの運用でしたらそこまでシビアでは無かったですが、いずれにせよ慣れるまでは温度計を見ながら運用して温度の上昇具合を確認した方が良いかと思います。

実際、どのように温度が高まるかを時系列順に追って説明したいと思いますので長くなります。

ただし今回の前提条件として…
・車内気温30度以上での運用
・巾着袋のキルト生地を下敷きにしていた
・IC-705を傾かせて設置したので背面の排気スリットを塞ぎがちだった

という具合でしたので少し厳しい状況だったのかなという感じでした。


20200629-01.jpg
ちょっと見にくいですが2mSSBを10wで1時間ほど運用した10分後の温度です。アイドルよりちょっと高いかなぐらいの温度表示です。
※続きを読む>>
タグ:IC-705
posted by 紫電改(JM1QHI) at 19:05| Comment(0) | アマチュア無線関連